新しいメッセージを投稿する
Replying to:
ルノワール礼讃ールノワールと20世紀の画家たち
Hikaru Taga によって
金曜日 2013年12月27日

Hommage à Renoir Renoir et les peintres du 19e siècle ピエール・オーギュスト・ルノワール(1841-1919)は、印象派の活動で知られる画家だが、1890年代後半以降は女性像や花など自らが好むモティーフを情感を込めた筆致で描き続ける職人的な気質を持つ画家として同時代の多くの画家から尊敬された。 20世紀の若き芸術家たちをいかにして魅了したのか。本展では、ポーラ美術館がコレクションする画業後半期の優品を中心に印象派のイメージにとどまらないルノワール像を紹介する。ルノワール作品を4つのセクション「花」「女性像」「裸婦」「南フランスと地中海」(計14点)に分けてその芸術の特徴と魅力を再考するとともに、パブロ・ピカソや梅原龍三郎など、ルノワールの影響を受けた同時代の画家の作品も併せて展示し、20世紀前半のルノワール礼讃の様相を探る。
※同時特集開催 「いろどる線」と「かたどる色」ードガのパステル、シャガールの水彩、マティスの『ジャズ』ー(展示室2で開催)
ポーラ美術館 展示室1 2013年12月1日(日)〜2014年4月6日(日) 会期中無休 9:00〜17:00  (...)

フォーラム 会員だけ投稿可能

この掲示板に投稿する前に あなたは登録しなければなりません。あなたに与えられた個人的なIDを入力してくれてありがとう。もしまだ登録してないなら、あなたはするべきです。 登録者。

Connexion登録パスワードを忘れましたか?